スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り返り②題詠blog2014_深影コトハ

予想していたことだけど、振り返るのにものすごく時間がかかる…。
100首全部終わらせられるか不安です。徐々に上達していけばいいのですが。

行きます。
************************************************************
011:錆  鎖のないブランコ 砂でできた靴 湖底に沈む夢 錆びた鍵
これも自分では好きな歌の1つです。
不思議な世界の扉を開けてくれるのは、きっと「どうしようもないもの」たちなのだと思います。

012:延 2度延滞して読まないまま返却した幸せすぎる恋の結末 
最近、幸せな物語が読めなくなりました。
安いお肉の脂身と同じで、歳を取るごとに受け入れられなくなっている気がします。

013:実 ギリギリと君が捻じれる夢を見て泣いて目覚めた 不実な朝に
よく、泣いて目が覚めることがあります。誰にも云いませんけれど。
君が死ぬ夢を見るのは、私に疾しいところがある所為でしょう。

014:壇 祭壇に召される羊の眼差しで私を見てたあの娘は死んだ
幼すぎる魂のぶつかり合いに、救えなかった人もいます。
思い出の中の静かな瞳だけが、今も私を責め立てています。

015:艶 艶やかな黒鍵なぞる君の指 (こっちを見て)ねぇ ショパンを弾いて
ピアノを弾く姿が美しいと思った。けれど、自分の方を振り向かせた瞬間、
彼の神性は失われてしまうでしょう。
「弾いて」という言葉だけが、彼と私をつなぐ唯一の糸でした。

016:捜 救助から捜索隊に名を変えた雪山の朝は誰も無口で
「救助隊」が数日後に「捜索隊」に名を変えていたNEWSを見て。
「救う」から「捜す」へ…わずかな変化ですが、とても残酷なことだと思います。

017:サービス さよならの痕跡消した明け方の雪は優しいアフターサービス
夜中に降る雪は全てをリセットしてくれるから好きです。
去っていった足跡もまるでなかったことみたいに。

018:援 君を今にも抜かさんとする白を応援している 踏み絵のように
学生時代、違うクラスに彼氏がいる子はこんな思いをしていましたね。懐かしいです。

019:妹 妹がいて近眼でマルボロの端を囓む人ばかり好きになる
好きになる人って、なぜか妙な共通点があるものです。
共通点を見つける度に、「またか」と少しわくわくしたり、あるいはがっかりしたり。

020:央 中央線は沈む夕日に熔けてゆき回送車両に眠るイカロス
JR中央線のシンボルカラーは夕日色。
海に落ちたイカロスを救いだしてどこかでそっと休ませてあげてほしい。




スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

深影コトハ

Author:深影コトハ
半熟者の歌詠みです。
題詠blog2014完走できたごほうびにこっそりTwitterはじめました。
@cotoha_mikage

最新記事
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。