スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り返り⑥題詠blog2014_深影コトハ

少し忙しくしていて間隔が空いてしまいました。
「詠む」「読む」共に、もう少し量をこなせるバイタリティを身につけねば。
スロー更新ですが、お付き合いください。

************************************************************
051:たいせつ たいせつにしまっていてね あの夏の手紙 砂浜 もつれた小指
「たいせつ」という平仮名のニュアンスを崩さないように、全体を組み立てました。
011:「錆」の歌もそうですが、説明を添えずにパーツをただ並べていく歌が好きなようです。

052:戒 戒名はさざなみ 墓標は引き潮が置き去りにしたあの貝殻よ
お気に入りの歌の1つです。死ぬときは静かに静かに、そっと。誰も騒がないでほしい。

053:藍 恋と呼ぶにはまだはやく 秘めやかに透きとおっていく虹の藍色
虹は7色あると言いますが、明確に7つの色を判別できる虹には滅多にお目に掛かりません。
恋未満の密やかなときめきを、曖昧に空に溶けていく最下部の藍色にたとえて。

054:照 横顔は悲しい向きに照らされて エンドロールの時間ね きっと
夕日の光はスポットライトの色味にとてもよく似ています。
私たちの物語はここで終幕。そんな予感を感じさせる横顔を黙って見つめます。

055:芸術 滑稽な愛を貪るあの部屋で前衛芸術ゴッコしようよ
世の中で「愛」と呼ばれているものは、具象化すると滑稽なモノになることが多いです。

056:余 わたくしに余生を買われし薔薇 一輪 傷付くための美しさがある
気まぐれに薔薇を贖いました。その薔薇は枯れるまで私だけのものとなりました。
そのような一生となった薔薇は、私のことを恨んでいるかな、と少し考えました。

057:県 ああ2人手を取り合って県境を踏み越える時の刹那のめまい
国境と違って、県境は簡単に越えることができてしまいます。本人らも気付かぬうちに。
駆け落ちほど大層なものではなくても、遠出はやはりどこか罪深い…ですね。

058:惨 惨劇の被害者みたいな顔をしてスイカ頬張る君が愛しい
大きく八つ切りにしたスイカにそのまま齧り付いて、頬まで真っ赤に染まった情景を詠んだものでしたが、
少し伝わりにくかったようで…精進しなきゃだめですね。

059:畑 殺菌力のたかいたかいキスでした ひまわり畑で君と、あの夏。
この歌をつくっているときに、なぜか「出し惜しみするな」と誰かに叱られた気がしました。
半熟者なので全力でいきます。いつも後はありません。

060:懲 懲らしめるために女は創られて足の指まで穢(あい)されている
「罪おほき男こらせと肌きよく黒髪長くつくられし我れ(与謝野晶子)」を踏まえて詠みました。
更にその下地はギリシャ神話のパンドラなのかな。女は男を罰するために生まれたそうです。



スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

深影コトハ

Author:深影コトハ
半熟者の歌詠みです。
題詠blog2014完走できたごほうびにこっそりTwitterはじめました。
@cotoha_mikage

最新記事
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。