スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

082:チェック(深影コトハ)

ゼクシィがチェックを付けて無造作に開かれている 「罠だ気をつけろ」




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

081:網(深影コトハ)

金網に繋がれたまま空を見る 自由でいるのが恐かったんだ




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

080:議(深影コトハ)

泣いてたの何故知ってるの?電話越しに微笑う 貴方は不思議な人ね




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

079:絶対(深影コトハ)

美しい少女の絶対領域に書き殴られた「S.O.S(たすけて)」の文字




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

078:棚(深影コトハ)

本棚のひみつ (端からタイトルを繋げて読めば君の名になる)




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

077:聡(深影コトハ)

聡明な子ねと褒められもも色はいつも泣くあの子のものでした




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

076:ほのか(深影コトハ)

みんな消えちゃえって叫んで覚めた夜の ほのかに点る不在着信




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

075:盆(深影コトハ)

新盆の祖母はかすかに紅をさし 流し灯籠に「皆元気です」と








テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

074:焼(深影コトハ)

孤独まで夕焼け色に染められてパッフェルベルのカノンが響く




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

073:谷(深影コトハ)

寂しさを一時預かってくれるらしい 渋谷駅構内のどこかで




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

072:銘(深影コトハ)

これは君の愛した銘柄 どうでもいいことばかり思い出される夕べ




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

071:側(深影コトハ)

わたし 車道側でもヘーキだよ だから 繋いだ手はもう離さずにいて




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

070:しっとり(深影コトハ)

しっとりと手順通りに濡らされて女はやがて海へと還る




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

069:排(深影コトハ)

いつもよりホットミルクを甘くして雨のワルツを聴く排卵日




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

068:沼(深影コトハ)

この先は暗くて深い沼 落ちるならひとりでと決めていた沼




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

067:手帳(深影コトハ)

果たされぬまま色褪せた約束を手帳ごと燃やす静かな夜に




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

066:浸(深影コトハ)

バスタブに溜まる月光に浸されて発酵していく私を抱いて




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

065:砲(深影コトハ)

空砲に飛び立つ雁を見送って昨夜の事は訊けないでいる




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

064:妖(深影コトハ)

薄青のベビードールを解かれて妖精でなくなった日のこと




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

063:院(深影コトハ)

希望とか未来とかじゃなくただ あの日 院生室に満ちていた光




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

062:ショー(深影コトハ)

ショートケーキのイチゴを落としたとかそんな泣ける理由を探してるだけ




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

061:倉(深影コトハ)

ヒーローと怪獣が肩寄せ合って眠る三番倉庫の陽だまり




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

060:懲(深影コトハ)

懲らしめるために女は創られて足の指まで穢(あい)されている




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

059:畑(深影コトハ)

殺菌力のたかいたかいキスでした ひまわり畑で君と、あの夏。




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

058:惨(深影コトハ)

惨劇の被害者みたいな顔をしてスイカ頬張る君が愛しい




テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

     
プロフィール

深影コトハ

Author:深影コトハ
半熟者の歌詠みです。
題詠blog2014完走できたごほうびにこっそりTwitterはじめました。
@cotoha_mikage

最新記事
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。